カードローン会社の比較

カードローンの利用を考える際、最初に悩むのが「どこで申しもうか?」という点ではないでしょうか。様々な金融機関がカードローンを商品化し、それぞれに魅力的な内容となっています。

 

上手にカードローンを利用するには、まずは自分に最適な先を選択する必要があります。

 

最近ではカードローンを取り扱ったインターネットの比較サイトが充実しています。金利や借入限度額、審査などの特徴をよく整理して、とてもわかりやすいサイトがたくさんあります。

 

その場からカードローン会社のホームページに移行でき、そのまま申込なども可能になっており、非常に使い勝手のよいものになっています。上手に利用してたくさんの情報を比較・検討するようにしましょう。

 

カードローンを取り扱う会社には、主に次の3種類があります。

 

銀行系カードローン

何といっても低金利と高限度額が魅力的なカードローンです。圧倒的な資金量を背景にした低金利で高限度額の商品がラインアップされています。銀行ローンは時間がかかるというイメージも強いですが、最近では即日融資に対応した商品も多く登場しています。

 

とくに「ネット銀行」のカードローンは、多くが即日融資に対応しており、その名の通りインターネットを利用して申込から契約、借入まで完結することができるとあって、人気を集めています。

 

銀行カードローンのもうひとつの特徴が「総量規制の対象外」であるという点です。借入金額が年収の3分の1という制限を受けませんので、収入の少ないパートやアルバイトの方でもある程度の金額を借入することも可能です。

 

しかし銀行系カードローンは審査基準がやや厳しくなっています。とくに既に他社でいくつもの借入を利用されている方は、審査に合格することが難しくなっていますので注意しましょう。

 

消費者金融系カードローン

ほとんどの先が即日融資に対応しており、素早い借入が可能な点が人気のカードローンです。無人契約機やインターネットなどの多様な申込を利用でき、審査結果は早ければ30分程度で回答されます。条件次第で1時間もあればまとまった資金を手にすることが可能でしょう。

 

やや金利が高い印象がありますが、条件次第では低金利で借入することも可能です。しかも「無利息サービス」を行っている消費者金融もたくさんあります。

 

ほとんどが「初回限定」となっていますが、お金を借りるのに利息無しで利用できる便利さは説明するまでもないでしょう。短期間で返済できる見通しがある場合には、有効的に活用していきたいサービスです。

 

信販系カードローン

普段のショッピングや公共料金の支払いに利用する機会も多いクレジットカードを発行している信販会社のカードローンです。

 

クレジットカードの「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」を設けることで現金の借入を可能にしています。またカードローン単独の商品を提供している信販会社も多くあります。

 

ポイントサービスなどのサービス面が充実しており、提携先も豊富ですので、利便性の高い商品となっています。ただし銀行系などと比較すると、やや金利が高めとなっています。