カードローン申込方法の比較

現在のカードローンには、様々な申込方法が準備されています。同じ商品を利用する場合でも、いくつかの申込方法を選択できるようになっています。自分の都合や生活スタイルに応じた方法を選択できますので、非常に便利になっています。

 

しかし申込方法の選択を誤ると、思いもかけない失敗を招くこともあります。とくに「いつまでに借りなければいけない」のかという点には注意しておきましょう。

 

申込方法の選択次第では、申込から融資契約まで時間を要する場合もあります。いくつかの申込方法をしっかり比較して、どの方法が最適か考えるようにしましょう

 

店頭で申込

直接カードローン会社の窓口を訪問して申込む方法です。担当者とその場で話をしながら手続きを進めることができますので、カードローンの利用や返済が不安という方にはおすすめといえるでしょう。

 

申込が完了すれば、早ければ30分程度で審査を完了させることも可能です。その間どこかで時間をつぶしておけば、担当者から携帯電話などに結果連絡を受け取ることもできます。

 

無事審査に合格すれば、その場で契約を完了させ、借入カードが発行されます。

 

そのまま脇に設置されているATMやCDで借入を利用することも可能になります。

 

無人契約機で申込

消費者金融や一部の銀行で導入されている無人契約機で申込む方法です。「無人」とはいっても内部はしっかりモニタリングされていますので、不審な行動は慎みましょう。服装などにもある程度配慮して、少しでも審査に悪影響を与えないように注意しましょう。

 

タッチパネル操作で簡単に手続きを進めることができ、不明な点は専用電話で担当者に問い合わせることもできます。審査結果は最短で30分程度で回答されますが、店頭とは異なりその場を離れることは難しいので、内部でじっと回答を待つようにしましょう。

 

無事合格すれば、その場で契約を行い、借入カードが発行されます。そのまま脇に設置されているATMやCDで借入を利用することも可能になります。店頭よりも比較的夜遅くまで営業していますので、仕事帰りなどでも利用することができるでしょう。

 

インターネットで申込

最近主流になっている、インターネットを利用した申込方法です。自宅に居ながら手続きを行うことができ、通常は24時間365日対応していますので、多忙な方でも安心して申込を行うことができます。

 

まずは各社のホームページから「簡易審査」を活用してみましょう。

 

いくつかの項目を入力すると、ある程度借入可能かどうか瞬時に判断してくれます。

 

希望金額が借入可能となれば、そのまま申込手続きを進めていきましょう。必要書類もパソコンに取り込んで画像化して対応することができます。審査結果は早ければ30分程度でメールなどで回答されます。

 

借入方法は「専用カードを店頭や無人契約機で受け取る」「振込サービスを利用する」などから指定することになります。「振込サービス」を選択すると早ければ瞬時に指定した金融機関に融資金が振り込まれます。

 

通常は振込手数料は発生しませんので、費用負担を考える必要はありません。「専用カードを郵送で受け取る」方法を選択すると、融資を受けるまでに日数を必要としますので注意しましょう。

 

このあたりの対応はカードローン会社で異なっていますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

電話で申込

自宅の固定電話や携帯電話から申込む方法です。通常はフリーダイヤルですので、通話料は発生しません。いくつかの質問に答えていくだけで、審査手続きが進んでいきます。結果も電話で受け取ることができ、借入方法を「専用カードを利用」「振込サービスを利用」などから選択することになります。

 

郵送で申込

申込書類を店頭やFAXで取り寄せして申込む方法です。自宅でじっくりと申込書類に記入することができ、インターネットなどの不慣れな方でも安心して手続きを進めることができます。必要書類を忘れずに同封して会社宛に送付しましょう。

 

審査開始は書類が会社に到着してからになりますので、当然やや日数を必要とします。