カードローン審査について考えよう

カードローンで一番多い悩みは「審査」ではないでしょうか。

 

  • 「はたして自分は審査に合格できるのだろか?」
  • 「カードローンの審査とはどのようなものなのだろうか?」

 

このような不安や疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンの審査基準は各社で異なっており、また一般的には公表されません。商品案内などにも「当社の審査基準を満たす方」などという、非常にあいまいな表記がされています。

 

この点がカードローンの審査に対する悩みの一因といえるでしょう。

 

カードローンの審査とは?

カードローンの審査とは、一言で表現すると「申込者の返済能力を判断する」ことです。カードローン会社としても、貸したお金が利息を含めて返済されなければ、事業が成り立ちません。そのため審査を行い、きちんと返済されることを確認する必要があるのです。

 

そのための審査基準で各社ばらつきがあるのは、ある意味当然なことです。ある程度余裕がある金融機関は、審査基準を緩やかにして顧客獲得数を増やすことができます。逆にあまり余裕がない金融機関は、審査基準を厳しくしてデフォルトをなるべく減らす必要があります。

 

とはいっても審査の目的を考えると、ある程度の共通面は想像できるのではないでしょうか。

 

例えば「収入が少なく、たくさんの借金を抱えて、過去に金融事故を引き起こしている」方に対して安心してお金を貸すことができるでしょうか。

 

自分の状況をよく把握することで、どのような金融機関であっても審査に合格できるかどうかは、ある程度想像できる面が多いといえるでしょう。

 

審査に合格できない理由とは?

それではカードローンの審査に合格できない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

この理由を正確に理解して、自分に当てはまるようであれば、審査でも不利になることが予想できます。そしてその問題点を解決することで、審査に合格できる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

借り過ぎ

カードローンの審査で一番不合格となる理由が、いわゆる「多重債務」です。他社にたくさんの借金を抱えている状態で、新たな借金をきちんと返済できると判断するでしょうか。とくに「総量規制」の対象となるカードローンでは、借入総額が年収の3分の1を超えることはできません。

 

また「総量規制」の対象とならないカードローンであっても、年収の3分の1以上の範囲の借入は、それだけ返済負担が多いと判断されます。

 

申込み過ぎ

いわゆる「申込ブラック」といわれる状態です。短期間にいくつもの会社に申込を行うことで、審査でも不利となります。「ひょっとしてお金に困っているのでは」「一気に借りて逃げてしまうのでは」このような疑念をもたれると、もはや審査に合格することはできません。

 

数ヶ月の間で3社以上の申込は、申込ブラックと判断されますので注意しましょう。

 

金額が高すぎる

借入希望金額が高額では、審査でもより慎重な判断が行われます。とくに収入に見合った金額を要求しないと、逆に疑念をもたれることになります。

 

自分の収入にあった申込金額を提示するようにしましょう。

 

勤続年数が短すぎる

勤続年数は、安定した収入を今後続けていけるかどうかのひとつの目安です。ひとつの勤務先に長い期間勤めていることで、信用できる申込者と判断される側面もあります。

 

最低でも1年以上の勤続年数は確保しておきましょう。

 

ブラック状態

過去に長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や金融事故(自己破産など)を引き起こしている、いわゆる「ブラック」の状態です。これらの情報は「個人信用情報」で数年間記録されていますので、その期間は審査に合格することは難しいでしょう。