カードローンを低金利で!!

カードローンは、借りたお金の使い道(資金使途)が自由な非目的型ローンです。住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといった目的型ローンに比較すると、金利が高くなる傾向にあります。

 

自由度が高い分、金利が高いことも止むを得ない点ではありますが、それでも「できるだけ低金利で借りたい」と誰もが考えるでしょう。カードローンをできるだけ低金利で利用するためのポイントについて考えてみましょう。

 

最上限金利と最下限金利

カードローンの商品案内などには「実質年利4.8%~18.0%」というような表示がされています。カードローンの金利は通常すべて一律ではなく、利用者によってある程度の差があることを示しています。

 

この場合「4.8%」が最下限金利、「18.0%」が最上限金利となります。「4.8%」で借りることができる方もいらっしゃれば、「18.0%」で借りなければいけない方もおられるということになります。

 

カードローンの金利は申込後の審査により決定されます。返済に対するリスクが高いと判断されると、返済不能に陥るリスクをカバーするために、適用金利は高くなります。逆に返済に対するリスクが低いと判断されると、低い金利でたくさん借りてもらおうとして、適用金利が低くなります。

 

とくに初めての利用者に対しては、利用実績が無いことから、ほとんどのケースが最上限金利に近い金利設定となります。ある程度利用実績を積んでいくことで、借入限度額が増額されるとともに、適用金利が引き下げられる傾向にあります。

 

最下限金利が低いカードローンは非常に魅力的ですが、その金利が適用されるとは限りません。カードローンの金利を比較する場合には、最上限金利により注目して比較するようにしましょう。

 

無利息サービスの活用

一般的に消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンに比較して金利が高い傾向にあります。ただし消費者金融の中には「無利息サービス」を取り扱っている先があります。

 

文字通り、お金を借りるのに「無利息=利息0」で利用できるわけですから、これほど便利なサービスもないでしょう。通常は「初回限定」としている先がほとんどですが、場合によっては銀行系カードローンよりも便利に利用することができるでしょう。

 

無利息期間は消費者金融や商品によりそれぞれ異なります。1週間、30日、180日などの無利息期間が設けられていますので、自分の都合に応じた先を選択するようにしましょう。

 

無利息期間が経過すると、当然通常の利息が発生します。それどころか、一般的には「無利息期間=返済期日」となっていますので、無利息期間経過はすなわち「延滞」となってしまいます。延滞利息などの多大な負担が生じますので、必ず無利息期間内で返済できるような利用を心がけましょう。

 

金利以外に考える点

カードローンの利息計算は、次の式で行われます。

・利息=借入金額×金利(実質年利)÷365日×借入日数

 

この式からわかるのは、利息負担を減らすためには、次の3点が必要であるという点です。
金利だけに目を奪われることなく、計画的な利用を心がけましょう。

 

  1. なるべく借入金額を少なくする→必要以上の借入は絶対に避けるようにしましょう。
  2. なるべく低い金利で借りる→多くの情報を入手し、比較・検討するようにしましょう。
  3. なるべく早期に返済する→余裕がある場合には、繰り上げ返済を行うようにしましょう。

 

またいくら低金利のカードローンを借りたいと考えても、審査に合格しなければ利用することはできません。とくに低金利が魅力の銀行系カードローンは、審査基準が厳しい傾向にあります。自分の属性や返済能力を十分把握して、無理の無い申込を心がけるようにしましょう。