カードローンの特徴

  • これからカードローンでお金を借りたいと考えている方。
  • 過去にカードローンでお金を借りた経験のある方。
  • 今現在、カードローンでお金を借りている方。

 

「カードローン」という名称自体全く知らない、という方は少ないでしょう。しかし「カードローンとは何か?」という質問に、しっかり回答できる方も少ないのではないでしょうか。

 

「カードを使ってお金を借りること?」といった漠然なイメージしか持たないという方も多いのではないでしょうか。学校でも会社でも、カードローンの意味や特徴などを正確に教えるというようなことはありません。

 

上手にカードローンを使いこなすために、まずはカードローンの特徴をよく理解しておきましょう。

 

カードローンとは?

カードローンとは簡単にいうとカードを使用してお金を借りるローンのことです。カードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。ちょうど銀行のキャッシュカードで現金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり、自分の預金を引き出すわけではありません。

 

最近では指定した銀行などの口座に融資金を振り込むサービスが付与されたカードローンも登場しています。インターネットや電話などから融資を申込むと、早ければ瞬時に振込が完了します。その後口座から現金を引き出すことで、まとまったお金を手にすることができます。

 

借入限度額

カードローンにはあらかじめ借入可能な「借入限度額」が設定されています。審査により決定された「借入限度額」の範囲内であれば、何度でも繰り返して利用することができます。

 

一度借入限度額いっぱいまでお金を借りた場合でも、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも融資を利用することができます。

 

基本的にカードローンの更新は「1年ごとの自動更新」です。利用状況や年齢制限などに特段問題ない場合は、別途手続きを行うことなく契約が自動的に1年延長されます。再度審査を受ける必要もなく、その間は何度でも繰り返して借入と返済を行うことが可能です。

 

資金使途が自由

カードローンで借りたお金の使い道(資金使途)は特段制限されていません。生活費の足し、旅行費用、書籍購入、子供の学費など様々な用途に利用することができます。

 

原則、「何に利用するのか」をあらかじめ金融機関に申告する必要はなく、その確認資料なども提出することは求められません。

 

ただし基本的にカードローンは「個人向け」の商品です。

 

法人の事業資金や個人事業主の経営資金などには利用できなくなっています。

 

また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。これらの禁止事項に利用したことが判明した場合には、即座に一括返済を請求されるだけでなく、契約違反として違約金を要求されることもありますので注意しましょう。

 

金利が高め

資金使途が自由である分、資金使途が限定される他のローンに比較して、適用金利は高めとなっています。カードローンの金利は同じ商品でも、利用者により差がありますが、同じ条件であっても資金使途が限られるローンに比較して、利息負担は考えておく必要があるでしょう。

 

もし「何のために借入するのか」が明確であり、そのことを証明できる状態であれば、資金使途が決められるフリーローンなどの利用も検討するべきでしょう。

 

またカードローンは基本的に「無担保・無保証」の個人ローンです。借入に際し担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。ただしこの点もカードローンが「有担保・有保証」の他のローン商品と比較して、金利が高めに設定される要因となっています。